診療科目一覧

内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科

内科

内科診察の基本をふまえ、最新の検査機器を用いた高度な診療を行っています

内科ではそれぞれの医師に循環器科、消化器科、総合診療科の専門領域を持っています。 また一方で多彩な症状で来院されるすべての内科患者さんに対応できるようにもしています。
内科診察の基本をふまえ、最新の内視鏡、超音波、CT、MRIなどの検査機器を用いた高度な診療を目指しています。

消化器内科

胃痛、吐き気、下痢などの消化器症状に対する診断・治療をはじめ、胃・大腸内視鏡、X線透視など消化器系全般の検査をおこなっています。また、早期消化器癌・ポリープの切除や胃瘻造設などの内視鏡的手術、吐下血などに対する緊急内視鏡治療、消化性潰瘍に対するピロリ菌除菌療法、消化器癌検診にも積極的に取り組んでいます。常に丁寧で分かりやすい診療を心掛けています。

循環器内科

循環器内科は高血圧、高脂血症、糖尿病を始めとする生活習慣病の診断、治療及びそれから波及する冠動脈疾患、心不全、不整脈、脳血管障害、末梢血管障害の予防、早期発見、治療を主に担当しています。日々の診療とともに心電図、胸部レントゲン、心臓超音波、トレッドミル検査、ホルター心電図、冠動脈CT等の諸検査を施行し、必要であれば高度専門病院へ紹介するなどの病病・病診連携もおこなっています。

腎臓内科

「尿に蛋白がでていますよ」とか「ちょっと腎臓が悪いかも」と言われてもほとんどの人が無症状のため放置し、その一部の人が慢性腎不全となり透析療法が必要になりますが、「蛋白尿」と言われた時にきちんと治療すれば、多くの場合透析が必要になるほど悪化することはありません。早期発見・早期治療が必要なのです。腎臓・尿に関して不安や質問のある方は、お気軽にお尋ねください。

外科、消化器外科、肛門外科

外科、消化器外科

外科

頸部、胸部、腹部の疾患の他、癌の手術を始め、胸腔鏡、腹腔鏡下手術、緊急手術を行っています

当院外科は、頸部(甲状腺他)、胸部(肺、乳腺他)、腹部(消化器、肝胆膵、鼠径部ヘルニア他)、末梢血管(下肢静脈瘤他)の疾患を担当しています。癌の手術を始め、胸腔鏡、腹腔鏡下手術、緊急手術を行っています。
当院の特徴である他科との緊密な連携の下、医学的のみならず社会的にも最善の医療を提供すべく心がけています。
また時間外診療にも対応しています。

National Clinical Database参加について

肛門外科

三大肛門疾患である痔核、裂肛、痔瘻のほか、直腸脱、膿皮症、便失禁、肛門部腫瘍などの診療を行ないます。

● 痔核(いぼ痔)
脱出、出血、肛門痛が主症状。
内痔核、外痔核、血栓性外痔核、嵌頓痔核などがあります

● 裂肛(切れ痔)
排便時肛門痛、紙に付着する程度の排便時出血が主症状。
急性・慢性裂肛、脱出性裂肛、狭窄性裂肛、脆弱性裂肛などがあります

● 痔瘻(あな痔)、肛門周囲膿瘍(はれ痔)
肛門周囲膿瘍が破れたり、切開を加えて排膿した後に瘻孔(トンネル)が形成されたものが痔瘻です。
痔瘻では肛門周囲の瘻孔からの排膿、肛門周囲膿瘍では腫れ、強い痛みなどが主症状。

それぞれの病態に応じた診察・検査・治療を行なっています。


特に(脱出性)内痔核に対しては、四段階注射法による硬化療法であるアルタ(ジオン注)治療を積極的に行なっています。
痔瘻に対しては、一期的根治術の他、QOLを重視したシートン法も行なっています。
また、便失禁に対しては、肛門内圧検査による評価やバイオフィードバック訓練も行なう事ができます。

血管外科

外来は予約制で主に下記の疾患を診療しています。
全国でもまだ少ないフットケア外来を併設し、足病診療に力を入れています。

● 下肢静脈瘤
● 閉塞性動脈硬化症
● 壊疽(糖尿病性・非糖尿病性
● 冷え性・凍瘡・足白癬・爪白癬
● 動脈瘤(腹部・胸部・下肢)

お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

血管外科の詳細はこちら

整形外科

整形外科

四肢の骨折のみならず、様々な症状を診断・治療しています

整形外科とは、四肢の骨折のみならず、脊椎、脊髄の損傷、腫瘍、疼痛を取扱い、四肢(手、足)の骨、筋肉、靭帯、神経、関節の損傷、感染症、腫瘍、先天性奇形等を診断、治療する科です。人間の構造、基本動作である運動を司る部分の不具合を治療しています。腰、首、四肢の痛み、手、足の骨折などが多く見られます。

脳神経外科

脳神経外科

スクリーニングよる近隣の施設との連携を行い、重大な病気や外傷を見落とさないよう的確な判断を行っています

平成7年7月開設。当初は対処可能な範囲で開頭術や穿頭術、髄液シャント術等をおこなっていましたが、その後諸般の事情によりスクリーニングに徹し、重症例、手術例は近隣の施設へ紹介しています。救急病院という性格上、いろいろな病気、外傷の方々が日夜を問わず来院され、当然のことですが的確な判断が求められます。重大な病気、外傷を見落とさないよう留意しています。

泌尿器科

泌尿器科

尿路系から腫瘍・結石等の疾患まで、様々な疾患を迅速な診断を行っています

腎臓、尿管、膀胱尿道の尿路系から性器の感染症、腫瘍、結石などの様々な疾患を対象としています。外来で超音波診断装置を用いて迅速な診断に努めており、また前立的癌の早期診断も行っています。排尿のお悩みについてもご相談ください。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

失われた機能の回復を促し、残存能力を最大限に引き出します

リハビリテーション科とは、病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断治療し、機能回復と社会復帰を総合的に提供する診療科です。
治療には、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、薬剤師、栄養師、医療相談員、ケアマネージャーなどが関与して、チーム医療体制でそれぞれの専門治療を行い、家庭復帰や社会復帰ができるように援助します。
対象疾患は脳卒中、外傷性脳損傷、脊髄疾患、末梢神経障害、骨・関節疾患、神経・筋疾患、呼吸器疾患、心疾患、外科手術後、癌など多岐にわたります。

放射線科

放射線科

最新の機器を駆使し詳細な画像診断、早期診断を行います

新たに64列マルチスライスCTを導入し、冠動脈CTをはじめ各種3D画像に対応しています。
1.5T MRI、デジタルマンモグラフィ、血管造影にも対応した17インチ大型フラットパネル透視台などを駆使し、頭のてっぺんからつま先まで全身の画像診断を行っています。 また通常のレントゲン検査でも放射線科の二重読影で臨床科のサポートを行っています。
放射線科外来ではワークステーションを使った3D画像などで検査結果をわかりやすく説明しています。

麻酔科

麻酔科

痛みの少ない病院の生活を送れるよう取り組んでいます

当院では麻酔科標榜医が手術時における麻酔を担当しています。麻酔科医は安全に手術を行うために、患者さんの全身状態(血圧や呼吸など)が安定するよう麻酔の管理に努めています。
また手術後の鎮痛目的に硬膜外麻酔やそれに変わる鎮痛方法を導入し、できるだけ痛みの少ない術後を過ごしていただけるよう取り組んでいます。

那珂川病院へのお問い合わせ

お問い合わせ先

電話番号:092-565-3531/FAX:092-566-6460

急患は24時間いつでも受診可能です。

当院は救急告示病院です。

交通アクセスはこちら

診療時間・休診日

平 日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
休 診 日曜・祝祭日
年末年始(12/31~1/3)

※急患はその限りではありません

外来のご案内はこちら

  • 外来担当医予定表
  • 当直医予定表
  • 採用情報
  • 健診センター
  • 在宅支援センター
  • デイサービス清和
  • オレンジハウス清和
  • ちくし那珂川病院
  • 緩和ケア
  • 回復期リハビリテーション
  • 在宅医療
  • 人工透析
  • フットケア外来
  • 看護部のご紹介
  • 関連リンク
  • 那珂川病院スタッフブログ

社会医療法人喜悦会 那珂川病院は、日本医療機能評価機構の認定病院です

当院の評価結果

那珂川病院の情報は携帯でも閲覧することが出来ます。